害虫に対応する方法|小さい虫でも危険があるやつは多い!蜂駆除は業者に依頼しよう

小さい虫でも危険があるやつは多い!蜂駆除は業者に依頼しよう

害虫に対応する方法

主婦

室内での攻防

蜂は積極的に屋外を飛び回って集団を維持するために必要な餌や水を探します。そのため、単独で蜂が人間の住まいに入り込んでしまうケースも少なくありません。室内で蜂を見かけた場合はまずその種類を確認しましょう。クマバチのように攻撃性の低い種類であれば、退治せず屋外に誘導することも可能です。またスズメバチでもクマバチでも雄は針を持っていませんから、性別の見分けがつく場合はそこから退治すべきか考えてみましょう。侵入して来た蜂が雌のスズメバチだった場合はまず蜂に効果がある殺虫剤を用意します。殺虫剤を散布する際は人間に向かって来ることもありますので、できるだけ分厚い服を着て特に頭部や目を守りましょう。スズメバチは黒い色目掛けて襲ってきます。

刺激しないで倒す

人間を脅かす代表的な害虫と言えば蜂が挙げられます。こうした虫は主に二つの危険にさらされた時に攻撃を仕掛けてきます。第一が、巣の防衛です。人間が退治のために巣に手をかけたり近寄ったりした場合、蜂は凶暴になりますから防護服の着用が欠かせません。第二が自分の身が危ぶまれた時です。蜂がそばに接近した時は思わず手で払いたくなりますが、そのせいで相手を刺激してしまいますから注意します。効率的に退治したい時は蜂を怒らせないようにゆっくりと身を低くして、薬剤を噴射すると良いでしょう。また巣の近くに設置するだけで効率的に薬剤をかけられる商品もありますから、安全に蜂を退治する方法は少なくありません。こうした商品は近隣住人に迷惑が及ばない時間帯に使うことが大切です。