組み合わせて退治|小さい虫でも危険があるやつは多い!蜂駆除は業者に依頼しよう

小さい虫でも危険があるやつは多い!蜂駆除は業者に依頼しよう

組み合わせて退治

散布機

相場を知っておく

平安時代まで「南京虫」を国内で見かけることはなかったが、江戸時代に入って発生するようになったと言われている。最近は全国各地で急激に増加し、問題になっている。南京虫は人間や動物の血液を吸って生き抜く生物だ。刺された直後は自覚症状はなく、次第にかゆみを増していく。室内で増えないために、南京虫駆除を業者にお願いすると良い。業者にもよるが、さまざまな方法を組み合わせているので市販で販売されている薬剤よりもずっと効果的である。また、南京虫駆除をする際は、相場がどれくらいかチェックしておくと良い。こうすることで必要以上に高い費用を払って大損することもない。また、早く決めさせようと極端に割り引きを迫ってくる業者も要注意だ。

安全性の高い方法

南京虫駆除でオーソドックスなのは薬剤をまく方法だが、こだわっている業者では体に負担をかけにくいものを取り入れている。最近は高圧蒸気を使って噴射し撃退する方法が主流である。この方法は人間や家具、床や壁にダメージを与えにくいのがメリットだ。そしてもうひとつ、高温で乾燥させる方法もある。畳やカーテン、ふすまなど外せるものは全部外して専用の乾燥機の中に入れて撃退する。ひとつだけでなく、これらの方法を組み合わせることで南京虫の発生を抑えられる。また、南京虫駆除の業者を決めるときは、業績があり長く経営しているところを選ぶことが重要だ。悪質なところはいずれは経営が悪化し継続できないので、続いているのは信頼の証でもある。